イメージ

胡蝶蘭について

郵便局で働いていたり、年賀状が世に出回る時期に年賀状担当者として働いていると、時々喪中はがきに変える必要が出たからと言って年賀状を一般の官製はがきに交換して欲しいという要望に出くわすことがあるかもしれません。そういった方は、喪中はがき用にと胡蝶蘭の切手を一緒に買っていくことが多いです。

このような現場を目撃することや、一般的に喪中はがきを出す際には胡蝶蘭を春物であるというイメージがあることから、日本では胡蝶蘭は特別な意味がある花であり、日本特有の古来から伝わる植物であるというイメージを持つ人もいます。しかし胡蝶蘭の実態を調べてみると、実は原産地はフィリピンやインドネシア、タイと言ったアジア諸国であり、学名はファレノプシスという名前であることがわかります。胡蝶蘭と言う名前から連想すると、いかにも和風な響きで日本独特の花だと感じたですが、実は原産地は国内ではないのです。

胡蝶蘭は、高級感のある鉢花として市場に出回っていて、育てるのはなかなか難しい花です。原産地を見てもわかる通り、高温多湿の地域で生まれ育った花なので、四季がある日本では、冬は特に育てて維持する事が難しい花である事がわかります。それゆえに、胡蝶蘭を育てる際には、正しい知識と根気ある付き合いが大切です。

胡蝶蘭という花は、とても奥ゆかしくて美しい花なので、花が好きであるならば是非育てて共に暮らしたいと思うくらいに魅力的な花です。胡蝶蘭をどうすれば上手く育てていけるのか、育て方や注意点を解説致します。

胡蝶蘭について

その花言葉は、清純、あなたを愛する、という美しい言葉で彩られている胡蝶蘭ですが、姿形も花言葉に劣らないほどの美しさを誇ります。美しく可憐な胡蝶蘭は、寒さに弱いという特性があるために、冬という季節がある日本では、正しい育て方を知って、正しく付き合っていく必要がります。胡蝶蘭とどのように付き合って、どのように育てていけば・・・

美しく繊細な雰囲気を身にまとう胡蝶蘭という花は、育て方が難しいという事で有名です。本来は、高温多湿である地域に生息していた事もあり、特に寒さに弱いという特徴がありますので、冬という季節が存在する日本では、育てる事が難しいのです。胡蝶蘭を咲かせ続けるために、注意すべきポイントを抑えて、末永く付き合うようにしていきたいも・・・